家庭菜園 初心者 定植

土壌改良材を定植の2週間程度前に、
基肥を定植1週間程度前に行い、
十分に耕しておきます。

 

土壌改良材にはバーミキュライト、ピートモス、パーライト、腐葉土などがあります
またこれらを配合した商品などもあります

 

家庭菜園の水はけや水もちのいいわるいによって使い分けますが
なにもわからない場合は深く耕して腐葉土を入れることをおすすめします

 

 

なお、マルチがけをする場合は
土が乾きすぎてないときに行います。

 

よい苗の条件は以下のとおりです。

 

@全体に地上部と地下部(根の張りや量)のバランスがよく、
  葉は厚みがあり色鮮やかで艶がある。

 

A節間が短めで茎がしっかりしている。

 

B根が白く生き生きとしている。

 

C病害虫が発生していない。

 

D品種や種類の特性が現れている。

 

 

 

定植作業は以下の点に注意して行います。

 

@風の少ない暖かい晴天日を選び、できるだけ午前中に行う。

 

A果菜類は前日に植え穴へ十分水をいれておくと良い。

 

B植え穴へは害虫防除のための粉剤を入れる。

 

C定植数時間前に苗に軽くかん水しておくと
  鉢やトレイから苗を取り出しやすい。
  根鉢を崩さないように気をつける。

 

D深植えにならないよう、やや浅植えとする。
  特に接ぎ木苗は接ぎ木部分か土に接しないように注意する。

 

E植え付け後、速やかにたっぷりとかん水する。

 

F果菜類は仮支柱を行う。

 

 

家庭菜園において失敗することはよくあることです
どんどんチャレンジしてレベルアップしていきましょう