家庭菜園 土寄せ

家庭菜園の中耕・土寄せのやり方

種まきや定植後、収穫までの期間が長いと、
野菜の種類によっては上が固く締まって
生育が不良になりやすいことがあります。

 

株間やうね間、条間を軽く起こすことによって、
通気性を改良して酸素の補給とともに雑草の防止をします。

 

生育期間中に2〜3回行うのがよく、
初めは浅くおこない、次第に深くします。

 

生育後半では根が広く張っているので
根を傷めないように注意します。

 

作業は晴れたときに行い、
雨のときや水分が多い状態では避けます。 

 

株元に上を寄せて、株の倒伏を防止したり、
根菜類での根元の傷み防止、
イモ類での変色防止や品質向上対策などのため
2〜3回程度行うとよいでしょう。

 

通常は、間引き作業や追肥作業と同時におこなうとよいでしょう。