家庭菜園 初心者 支柱立て

家庭菜園での支柱立て・誘因のやり方

 

 

 

 

野菜は、葉の大きさに比べて茎やツルが弱く、
風で倒れたり折れやすいものが多いです。

 

トマトやナス、キュウリ、オクラなどの果菜類や、
ツルインゲンやエンドウ、ヤマイモなどのツル性のもの、
葉菜類ではツルムラサキなども支柱が必要です。

 

支柱の立て方には、直立式や合掌式などがあります。

 

直立式は立てるのが難しく倒れやすいので、
合掌式がよいでしょう。

 

2本の棒を山形になるように地面にさし、
上部に地面に平行に棒を渡し、
針金やヒモでしっかりとしばりつけます。

 

生育や果実肥大等によって重量が増してきたら
斜めに棒を渡して補強します。

 

なお、エンドウやツルイングン、キュウリなどの
ツル性の野菜ではネットを展張します。

 

支柱への結束は、植物を傷めないように
余裕を持たせて八の字状になるようにします。

 

結束には、ビーニルひもや麻ひもなどを使用するとよいでしょう。