家庭菜園 種まき

家庭菜園での種まき|ばらまくだけではだめですよ!

たねのまき方はすじまき、点まき、ばらまきなどがあり、
野菜の種類や種をまく場所にあった方法を選びましょう

 

家庭菜園で上手に野菜を作るには種子の特性を理解し、
発芽しやすい条件づくり、そして発芽後も生育に適した環境をつくることが大切です。

 

 

発芽の条件としては、温度、水分、酸素が必要です
発芽後は光、二酸化炭素、水分、養分によって生育が進みます。

 

発芽を促進するために、種まき前に種子を水に浸したほうがいいものもあります

 

 

ゴボウやレタス、夏まきのホウレンソウなどは一晩水につけた後、
涼しいところで芽出しをしてから種まきするといいでしょう。

 

 

 

種子のまき方

種まきをする前には、土の表面に凸凹がないように
ていねいにならしておきます。 

 

種子のまき方は、野菜の種類やまく場所によって異なります。
基本的には、すじまき、点まき、ばらまきの3つの方法があります。

 

すじまき

種子の大きいものや、大きく育つ野菜に適し、
日光を十分当てるのに有利である。

 

うねにまき溝を作り、 適当な間隔で種子をまく。
うねに平行、あるいはうね幅が狭い場合などは直角にまく。

 

すじまきするとよい野菜の種子
コマツナ カブ にんじん チンゲンサイなど

 

点まき

ダイコンやハクサイなどの大きく育つ野菜を直接まく場合は
点まきとする。

 

一定の株間をあけて1か所3〜5粒ずつは種する。
なお、間引き作業を考慮して種子がかたまらないように注意する。

 

点まきするとよい野菜の種子
ダイコン ハクサイ インゲンマメ エダマメ とうもろこしなど

 

ばらまき

ホウレンソウやコマツナなどの葉菜類は種子も小さく、
このまき方が適する。

 

まきむらや厚まきにならないように注意する。

 

ばらまきするとよい野菜の種子
ホウレンソウ ハツカダイコン シソなど

 

 

覆土

種まき後はすみやかに、ふるいでふるった川砂か畑の土を、
まき床に均一にかけます。 

 

覆土の厚さは、種子の厚みの3倍程度を目安としますが、
土の性質や種子の特性に応じて加減します。 

 

レタスやセロリ、ミツバなどは
光が当たることによって発芽が促進されるので、
種子が見え隠れする程度に薄く覆土します

 

 

 

かん水

細かい穴のハスロを用い、低めの水圧で静かにかん水します。

 

水の粒が大きかったり、水圧を上げてかん水すると、
種子が流れたり、土の表面が硬くなったりして
発芽不良となりやすいの注意します。 出芽するまでは、保温のために
寒冷紗や濡れた新聞紙を被せておくとよいでしょう。